戦後78年、公共放送が未だにウソをついてる。


日本人が『覚醒』しないわけだよ。

https://www.nhk.or.jp/gendai/comment/0005/

未だに「戦争は良くない」ってプロパガンダを続けている。番組中、疎開先の子供達の話が出てきた。都会から疎開先へ子供に会いに来た親に、子がホームシックになってしまい、親と一緒に都会へ帰って行った子が「その日の夜、空襲で一家丸ごと焼け死んでしまった」。

番組は、とうとういちども、「なぜ疎開なんかをしたのか?」の事に触れなかった。大人達が、日本の未来を背負って立つのが子供なんだから、子供を空襲から守ったって視点を与えていない。空襲で爆弾落としたのはアメリカだ、という事にも触れない。
 まして、チョコレートを配った占領軍。占領軍の活動費は日本国政府が全部負担していたのだ。このことも全然触れない。

戦争が終わってから78年。主権回復してからも70年。
これ書くためにちょっと検索して、主権回復の日ってのがあった事にも気がついた。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%BB%E6%A8%A9%E5%9B%9E%E5%BE%A9%E3%81%AE%E6%97%A5

MHK始め、マスゴミが寄生虫で良くないなぁ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。