久々更新


体調を崩ししてしまい、かといって仕事を休むなんて事は自殺的だ、という事情があるから無理しながら頑張っています。

今日は土曜日、今住んでるアパートに、ベトナム人が増えた。窓を開けると、話し声が聞こえてくる。ベランダに出て話をしてるのだろうか?隣の建物の壁に反射して結構はっきり聞こえてくる。

気の置けない仲間同士、話すともなく話してる感じで、ずっと喋っている。若い頃、精神病的な?悩みを抱えていたときに、自分よりもっと若い人のアパートに出かけていっては、何をしゃべるでもなくその部屋で過ごさせてもらって帰ってくる、なんてことをやっていた。

身近に人がいる感じが、心地よかったのだ。

「今日はなんの用事ですか?」

って聞かれても、特にないけどとか返事をしては、つぎのひまた遊びにいくなんて毎日だった。

一回名古屋に出張で出かけたときに、プロ野球の応援番組があり、選手らのいろんなエピソードが紹介されるコーナーがあった。若手は寮に住んでいて、4人部屋の四人がスタジオに呼ばれて話してる回があったのだ。
 その中に「謎の○○先輩」というはなしがあった。
 ○○先輩は、四人の部屋にやってくると、用事は特に何もない様子で、机の上を見てたり、そのへんのいすに座っていたりなどしてそのうち帰って行く。聞いても特に用事はないよと言うから、もう誰も聞かないし、きっと、「チャンとやっているか、偵察に来ているのだろう」なんて事になっていたという。それが「○○先輩の謎」。
 私はこの話を聞いて、「俺のことだ!」と思った。一度何度も聞かれて、「ただなんとなくいたいのだからいさせて」って答えると、「黙ってたら全くわかりませんよ、(`へ´)フンッ」って事もあったのだけど、結局「謎の○○先輩」ってことになっていたのだ。

窓から聞こえてくるベトナム語? を聞くために、私はYouTubeの動画を止めて聞き入ってしまった。
 喋ってる人たちの精神状態はきわめて平静な様子。ちょっといたずらっぽく笑っていたりする。

さっき、トイレの窓から、歩いて部屋に帰っていく様子が見えた。
 安全靴の外箱を手に持っている。TUTLEXという、ホームセンターに売ってる安い価格のやつだ。
 ただ、少し、くたびれた箱。技能留学生とかいう資格で来ているのだろうか?
2年とか3年で入れ替わるらしい。任期? が切れる留学生が、後続のためにいろんなものを残してあげるという話は聞いているので、そんな使い回しの品なのだろうか? あれこれかんがえる。

この制度もキチンと見直せばいいのになぁとおもう。

一つの意見を引いてみる

https://diamond.jp/articles/-/72572

C国人の目から見てここ最近の日本人は大変自信喪失で、こんな姿を見たことがないと言ってます。ここに注目です。
 自分の目玉で自分の顔を見ることは出来ないという原理的な見えない部分の話をしているからです。
 日本人をここまで自信喪失にしているのは、マスゴミやテレビラジオ、新聞であることは論を待たない。学校の先生らもおなじ。その素地を作ったのはGHQですし、政治家など、その素地を破壊しようとするとあからさまな妨害をうけるのが現状です。それどころか、日本も欧米化してしまい、暗殺まで起こった。

こうした風潮を作っているのが、戦勝国といわれる白人らであることは間違いのないこと。
 戦前の日本人は、そういう白人の思い上がりについての批判は厳しかったと思う。すっかり批判することを忘れ、怯えてしまっている。

日本は憲法すら原文が英語。そう。GHQ製だからだ。国会図書館に原文はあるそうだし、調べれば出てくるはず。

自分ら(白人)が好きなように世界を作っているのを「批判し、邪魔をするのは必ず日本人」だから、牙をサンダーで削りまくりはつりのみで粉々に砕いてしまって、それでも安心できないから憲法まであてがいぶちで与えてあり、軍隊を持たないようアメリカ軍基地を日本中に残してあるのだ。

この人が WEB3.0 だのについて、批判をしているけど、全くそのとおりだと思う。
 世界貿易は米ドルの基軸通貨を通して行うと言う話そのものが「フザケルナ」と思うやり方だが、米ドルの価値がどんどん下がっていて、最近その下がり方がひどい。
 マスゴミは相変わらず、日本円が下がってしまって140円台だーとやっているが、実は米ドルだけが価値の下落を起こしているだけだという視点を与えていないらしい。
 動画についてはこちら

ゲイツが倒れる日

せんじつ、日本政府がゲイツに勲章を与えたというニュースが流れました。
 何をふざけてるんですかと言いたいくらいだが、日本のおどおどした自信のなさは、こんな所に出ているのかもしれませんね。
 スーパー301条の頃を忘れたんですかね?

愛知に出張してたときの話。おなじ旅館にベトナム人の団体がいた。
 日本の種苗会社のハウス工事をやってたと思う。
 ベトナム社会も「長幼の序」なんだろうか? 和風旅館で、食事の時はご飯は自分たちでよそって食べる。その時、一番の年少者が先に食堂に来て先輩らのご飯の用意をする。一人一人オカズの皿を並べ、ご飯をよそって、皆席に着いたら、今度は年長者が なんとかかんとか と唱えて頂く。

 お酒とか飲まないの?という質問をしてみた。すると、ここからが驚いたのだが、日本に技能実習で留学するのは「お国のお金」でやってこれていて、出発前にアルコールは休日のみという契約になっている。お国のお金を使っている以上破るわけにはいけない! というのだった。
 日本側の現場監督から、ベトナム側の年長者に「まぁ、ええ~飲んで」と、アルコールをもらったのだが、そういうわけで、冷蔵庫にしまってあるのだという話だった。
 この話を聞いて「モラル上も完全に負けているでは無いか!!」と思った。

日本人が自信を失い、なぁなぁで生きていかざるをえなくなったわけだなと思った次第。

それにしても、何が何でも土日やすまなければならないというのは、なんとも非効率だなぁ。これも、グローバリストの陰毛論なのだろうか?w


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です