MHKは相変わらず反日だ


MHKのニュースで、あれこれくらい話題を放送している。クローズアップ反日では、今日は「実は危ない寒い家、命を守る対策は?」なんてやってる。
 7時のニュースでは、2024年問題とか言って、宅配便業者の働き方改革で、ものが届かない問題があるとかで。
 これらすべては、白人が、働き過ぎる日本人が経済力を復活するのではないかと邪魔をしているのだと思う。
 戦後GHQからマスゴミ、当時は放送はMHKしか無いわけだが、「日本人に、未来に対して明るい希望を持たせないようにしろ」と、指令が出ていた。なので、暗い話題ばかりを繰り返すのだ。77年たってもいまだにやっていると言うよりは、どんどんとエスカレートしている。なぜかというと、GHQが日本にやってくる前の教育を受けている人たちが生きている間は、「常識」が正常だったから、変な放送はしなかったのだ。それが、生まれてからずっとGHQシャワーを頭から浴びて育った人間ってものが育ってくると、変わってきた。そう言う人たちが作る変なニュースを見てまた変な人間が育ってくる。その連鎖が今なのだ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です