コンベアのお寿司に、菊の花を乗せる作業


こういう動画もある。

作業員は心が折れるよ

俺は人前で大声出せない人だからなぁ。コンベアのあんパンにごま粒乗せる仕事は心が折れるって言ってる。俺もそう思うし、某掲示板2チャンネルでは、「さぁ、持ち場に戻って。コンベアで流れてくるお寿司の上に、プラの菊の花を乗せる仕事を続けるんだ!」ってやつですね。「おまえら」ってやつw。

私が最初に「動画編集やる?」って聞かれた時に、「動画の図面を渡してくれたら」と答えたのは、編集者=作業者として、ちゃんとした仕事をこなすため。
 ところが「山田さんの動画に対する考え方を知らなくては」なんていいながら「山田さんのセンスで自由に作ってくだしあ」みたいなことを言ったんで、”ひょっとしてクリエイターと思ってるのかな?”。

外国では電気技術者は日本とは違って、「エレクトリックテクニシャン」みたいな捉え方をされてるらしい。日本は、器用な人、器用な人がやる職業ってのがざらにあるから、電気屋さん、電気工事屋さん、電気技術者は、特別マジシャンのような感覚では見られないけど、どうも動画編集者というと、作業者なのか、クリエイターか、どっちをイメージしてるのかな? って所はある。

写真(フォトグラファー)の方で言う、「暗室マン」が、動画編集者に相当すると思っていた私は、ちょっと測りかねている。
 動画の効果音の選び方とか音を入れる「間」の取り方なんてのは、クリエイターのキャラクターが出る部分そのものだから、すんごく難しいぞ、って気がする。まして、台無しにしたり、別人格な作品にしたりw そゆー失敗があるんじゃないかなぁー? そもそもすべり芸すら出来ない私だからダジャレのだの字も言えないしw
 ヒカキンの動画も、はじめしゃちょーの動画も、「真剣な顔をして、なんも笑わず、ずっと、全部を見た」のだった。芸人や作家はそういうことをするらしいと聞いたが、笑うつもりで見てなくて、どういう作りになってるのかをひたすら見たのだったw。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です